ある結婚詐欺師の手口に引っかかって
しまった女性の動画を見ていて…

婚活サイトに登録した40代女性が
詐欺に合うまでの手口を放送していた。


彼女が、サイトに登録するとすぐに
詐欺師からメッセージが届いた…


☆バツイチ独身39歳の男性…

彼女は、まぁいいかなぁ~と思って
彼にメッセージを返したら…


詐欺師のアプローチメールは…


●☆●☆●☆●☆●☆●☆●☆●☆

こんにちは。メッセージありがとう。

では、ゆう“ちゃん”と呼ばせて
もらっていいですか?

“ちゃん”付けだと可愛いとか
親しみ
易いのですが…


●☆●☆●☆●☆●☆●☆●☆●☆


40代になり、名字で呼ばれる
ことが多かった彼女にとって…


“ちゃん”付けで呼ばれることは
新鮮にうつったようだ…


こうして、初コンタクトで
一気に距離を縮めてから


その後は、目も当てられないので割愛
するが、
見ててやはりうまかった。


全てが…口から出任せ、嘘八百。


お金の要求までの信頼関係をいかに
構築するか
でほぼ決まりですね。

丁寧過ぎず、馴れ馴れし過ぎず…

初メールでの距離の縮め方は大事です。


過剰な敬語から始めてしまうと
それからの展開が難しいし…


急に、馴れ馴れしくは論外だし…
距離も縮まりにくい…


最初は、礼儀正しく、敬語で…


ちゃん付けで呼ばせてもらっても
いいでしょうか?


とたずねることで、相手も悪い気は
しないでしょう。


敬語と、“ちゃん”付けのギャップが

初対面の緊張をほぐしてくれますし


特に、年齢を重ねれば重ねるほど
言われなくなるので新鮮ですし…



最初のアプローチとしてはうまいです!


女性のほうも、固っ苦しいのは疲れるし
距離を縮めたいと思ってますから。


過剰に敬語過ぎると、逆に怖いし、且つ
頼りない印象を与えてしまうので。


過剰すぎず…馴れ馴れし過ぎず…


今日も1日お疲れ様でした。