長崎大学の実験で、アロマオイルの香りを嗅いだ女性は、エストロゲンという女性ホルモンが増加することがわかったそうです。



【情報番組:クギズケより】


実験では、具体的に、数多くのアロマオイルの中で

・ゼラニウム
・ローゼ・オットー

の2種類を使用したようです。


共にバラの香りがするアロマオイルです。

エストロゲンが増えるとどんな効果が?

エストロゲンとは、女らしい美しさをつくる原動力となる女性ホルモンで、男と違って、丸みを帯びたプロポーションをしているのも、肌が柔らかく瑞々しいのも、髪が艶やかなのも、全てはエストロゲンのおかげだと言ってもいいです。





エストロゲンは、閉経後に分泌が急低下し、肌や髪から急速にハリやうるおいが失せ、シワやかさつきが増えてくるので、女性にとって、エストロゲンが増えるとなれば飛びついてきそうです。


男性としても、知識として持っているのも役立つと思いますので、たかが香りと思わずに利用してみてはいかがでしょうか?


女性はニオイに敏感ですし…
恋愛にニオイは重要ですから。